ml.jp/70672/files/2015/04/20150407_2134.jpg” />


今年もシーミーの時期になりました!前里家では朝11時に集合をして、約1時間お墓で、うーとーとーをしながら
お互いの近況報告!。。今回は子供だけで 15人?位?集まりました。楽しかったのですが、、、、あまりに暑くて、、、
早くクーラーの効いたボーリング場へ移動したくてたまらない。。。おじいちゃん おばあちゃん ごめんなさい。。。次回からは ブルーシートを準備します。。


で、、、いつも通りのボーリング大会!めっちゃもりあがりました。。
今度は お盆の時にねー!!!
シーミーは楽しい!!。。


本当に楽しい沖縄!是非1度は来てください!おいしい沖縄料理、沖縄そば 東京丸の内 キッテ地下1階 琉球市場やちむん
是非ご来店下さい!!!



伝統文化である「シーミー」は「ウシーミ」と呼ばれる地域もありますが、本部町(もとぶ)では「シーミー」と呼ばれています。

古くからある沖縄の「シーミー文化」は中国から伝わったとされ、「清明の節」の期間に先祖のお墓に親戚が集まってお線香やお花、重箱料理をお供えをして供養をするお祭です。
「清明の節」とは、「食物が成長を始める時季」という意味で活力に溢れた季節を意味しています。

沖縄のお墓は、骨壷が大きいので小さな家みたいに大きな墓がほとんどです。その中で、門中墓(もんちゅうはか)といって、一族全員が同じお墓に入る伝統があるため、非常に大きな墓もあります。
沖縄に始めて来られた観光客が「沖縄は小さい家の団地がたくさんありますね」と聞いたらしいのですが、何のことかと思いきや、傾斜に立ち並んでいるお墓のことでしたので大笑いをしたという話があります。

沖縄亀甲墓
昔ながらのお金持ちのお墓は、形が亀の甲羅に似ているところから「亀甲墓」と言われ非常に大きなお墓になります。実はこの形は、女性の子宮をたとえたもので、墓の入り口は産道に当たることになります。
人は母体から生まれ、死ぬとまた戻る、という「母体回帰」の考えから来るものとも伝えられています。

「シーミー」でお供えする料理の主役やっぱり女性陣で、おばーを筆頭に、お母さん、お嫁さん、娘さんとみんなで料理の準備をします。
おばーが監督兼コーチとして料理の指示しながらみんなでやっています。ちなみに、男性陣は朝早くから墓掃除で、周辺の草刈や木が生い茂っていたら枝うちなど、これまた忙しいです。

 お供えする料理の中身は、赤かまぼこ、三枚肉の煮付け、結び昆布、厚揚げ、魚天ぷら、お餅を重箱に詰めます。果物やお菓子もお供えし、昔は豊かではなかった沖縄ではかなり豪華なご馳走です。食べ物のなかった時代に、何かの行事の時だけご馳走が食べらることに大きな喜びがあったようです。
栄養的にも、良質なたんぱく質である豚肉、豆腐、かまぼこ、ミネラル豊富な昆布、ゴボウ、でんぷん質の田芋などバランスが良いだけでなく、日持ちしやすい内容になっているのです。炎天下の中でも、ご先祖様にしっかりと食べれるように日持ちした料理をお供えして、生きている我々も「うさんでー」するのです。

「うさんでー」とはお下がりのことでご先祖様にお供えしたお下がりを皆で食べることを「うさんでー」と言います。

「シーミー」の時は、沖縄各地で生活をしている親戚が一堂に集まる最大の行事で、本土各地からこられる方もいます。久しぶりに顔をあわせ近況を聞いたり、子供たちは久しぶりに会ういとこ達と遊ぶことにより親戚とのつながりを学んだり、ご先祖様に感謝の気持ちを忘れてはならないと言う心の温かさを、祖父母、両親、親戚のおじさんおばさんから学ぶと言う生きた教育が「シーミー祭」には育まれています。
?Gg[???ubN}[N??